_HD_SKIP_CONTENTS

_HD_BREADCRUMBS

ぼちぼちと京都:楽しく上手にエコに暮らす:生き方や暮らし方を、あくせくはたらく時間中心の生き方から、ゆったりとした自然のリズムに変えていく。のんびり、焦らず、「ぼちぼち」と「ぼちぼちと京都」せせらぎ
山田知事から「ぼちぼちと京都」へのメッセージ
半農半フォトフラファーで、いこう。:毎週お届け! 半農半X研究所代表 塩見直紀さんが写真と「ことば」で綴ります
関西電力でんき予報(外部サイトへリンクします)

撮れたて「きょうと」:今の『きょうとの暮らし』を綴るフォトダイアリー。気まぐれに更新。

2015年12月17日
独特の香りがするルッコラは、サラダやパスタの味のアクセントになります。プランターでも割と簡単に育てられますよ!
2015年06月08日
鮎(あゆ): 毎年6月になると鮎釣り解禁が季節の風物詩としてニュースに取り上げられる。 定番の塩焼きの他、甘露煮、寿司、「背越し」というお刺身でも。 川魚だが稚魚は海で暮らし、成長すると川へ遡上するが、 琵琶湖に生息する小鮎(こあゆ)は生涯を琵琶湖内で暮らすため、 成長しても10cm程度のままである。
2013年09月27日
てんやわんやしましたが終わりました。好天で稲刈り日程が早まった!と思ったら9月の荒天…どこまでいっても自然の恵みです。
2013年07月11日
トマトは下から実をつけます。トマトは水が嫌いなので、一切あげません。
2016年08月31日
白から紅までいろいろな色の花をつける百日紅(サルスベリ)。元気な濃い色が夏らしくて好きです。
2013年01月25日
一昨年の最高時の積雪は、3m余りでしたが、今年は雪が少なく、雪掘り作業も楽でしたが、今朝から久しぶりに雪が降り始め、天気予報に雪だるまマークが数日間つきました。
2012年03月27日
暖かい地域から、さくらの開花の便りが届くようになりました。気象台のさくらは、蕾の先からさくら色の花弁がのぞくようになりました。開花までもう一息。
2011年11月17日
白や紫の大根です。だんだん冬の寒さがやってきたので、鍋なんかにしたいですね。
2011年12月29日
12月の初めから降り始めた雪も2m以上積もり、辺り一面が白銀の世界。1本だけ立っている“1本桜”が春の訪れを待っています。
2010年12月15日
明け方から雪が降り始めいよいよ冬らしくなりました。今冬はどのくらい雪が降るのでしょう。農家はちょっとゆったり出来る季節を迎えます。(編集部から:今回で上世屋の新米おばさんの連載は終了させていただきます。次回からの「田んぼ」写真もお楽しみにお待ちください)
2010年07月01日
【最終回メッセージ】世の中をかえるためにはまずこれからだ、と思い込んで農業を選びました。時には必死に、時にはいい加減に、やっていこうと思います。(編集部から:今回で神崎一馬さんの連載は終了させていただきます。次回からの「やさい」写真もお楽しみにお待ちください)

「ぼちぼちと京都」きょうとカレンダー:企業、市民、NPO、行政などの環境・文化に関するイベントカレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2016年09月 次月
1
2 七十二候:禾乃登(いなほみのる)
3 霊山かんのん市 梅小路公園手づくり市(梅小路公園) 【要申込】<連続講座>第1回自然エネルギー学校・京都 2016~はじまる自然エネルギー100%時代~(主催:京エコロジーセンター)
4 東寺がらくた市・手作り市 隨心院 小町手づくり市 内陸部のシギ・チドリの渡り 巨椋探鳥会(主催:日本野鳥の会 京都支部)
5
6
7 二十四節気:白露 七十二候:草露白(くさつゆしろし) 秋の鳥たちを探します 下鴨神社平日探鳥会(主催:日本野鳥の会 京都支部)
8
9
10
11 第219回市役所前フリーマーケット 【要申込】石窯パン教室(主催:里山ねっと・あやべ)
12 七十二候:鶺鴒鳴(せきれいなく)
13
14
15 手づくり市(百万遍・知恩寺) 北嵯峨の彼岸花は見事! 北嵯峨平日探鳥会(主催:日本野鳥の会 京都支部)
16
17 七十二候:玄鳥去(つばめさる) 【要申込】おうちにあるもんde簡単パーティークッキング!(主催:京エコロジーセンター)
18 月例祭@丹後あじわいの郷
19
20
21 東寺・縁日 弘法市
22 二十四節気:秋分 七十二候:雷乃収声(かみなりこえをおさむ) 京都の西山を渡るタカたち 京都西山タカの渡り観察会(主催:日本野鳥の会 京都支部) うちごみ相談所(主催:京エコロジーセンター) かえっこバザールinエコセン(主催:京エコロジーセンター)
23
24
25 北野天満宮 縁日 天神さん 第220回市役所前フリーマーケット
26
27
28 七十二候:蟄虫坏戸(ちっちゅうとをとざす)
29
30
2016-09-27

カレンダの終端です。

飲みものからエコ会議

ぼちぼちときょうとについて

read English Site

「ぼちぼちと京都」エコラム:環境に配慮したライフスタイルや、地域での環境活動に取り組み人たちのコラム

世界の各地域の自然と文化の紹介や環境問題に関するレポート
「第22回 持続可能な地域の発展を認証制度をとおして考える」のつづきを読む

第22回 持続可能な地域の発展を認証制度をとおして考える(2015年08月10日掲載)

第22回 持続可能な地域の発展を認証制度をとおして考える
 
 環境認証制度*には、国際市場で取...
ぼちぼち子育て日記 むくむく親子時間
「日ごろから備えと心構えを…」のつづきを読む

日ごろから備えと心構えを…(2015年03月25日掲載)

あの東日本大震災から4年が経ちました。
被災地では復興に向けて、多くの努力が続けられていますがま...
世界の各地域の自然と文化の紹介や環境問題に関するレポート
「第21回 マングローブ林を利用する若者達とのコラボレーション」のつづきを読む

第21回 マングローブ林を利用する若者達とのコラボレーション(2014年11月18日掲載)

第21回 マングローブ林を利用する若者達とのコラボレーション
 
 私の調査地である億首川は、沖...
ぼちぼち子育て日記 むくむく親子時間
「「もったいない」をどう伝えるか」のつづきを読む

「もったいない」をどう伝えるか(2014年09月16日掲載)


今年は例年になく、涼しくなるのが早かったですね。
9月にも大活躍するはずだったビニールプールは
...
ぼちぼち子育て日記 むくむく親子時間
「イヤイヤマウンテン」のつづきを読む

イヤイヤマウンテン(2014年08月04日掲載)


ここ数カ月、息子のイヤイヤがすさまじいのです。

家に入るのがイヤ
手を洗うのがイヤ
ごはんを...
世界の各地域の自然と文化の紹介や環境問題に関するレポート
「第20回 アフリカの街を 地べたから 見上げる」のつづきを読む

第20回 アフリカの街を 地べたから 見上げる(2014年05月29日掲載)

第20回 アフリカの街を 地べたから 見上げる

私の調査地は西アフリカの内陸国ブルキナファソの首都...
ぼちぼち子育て日記 むくむく親子時間
「小麦アレルギーの子どものために・・・」のつづきを読む

小麦アレルギーの子どものために・・・(2014年05月23日掲載)

あっという間に桜も散って、新緑がきれいな季節になりましたね!
 
先日、リニューアルされた梅小...

「ぼちぼちと京都」ぼちぼちな暮らし方:一日の流れに沿ってそれぞれのタイムステージで実践可能なエコな暮らし方を紹介

「エコバッグを持ってお買い物」のつづきを読む

エコバッグを持ってお買い物(2009年12月08日掲載)

最近ではレジ袋の有料化がめずらしいことではなくなり、買い物にエコバックを持って行くこともかなり定着してきましたね。風呂敷をバッグの...

「ぼちぼちと京都」しろう・わかろう・環境キーワード:きいたことあるけど、よくわからない・・・環境キーワードをわかりやすく説明

「間伐材」のつづきを読む
自然

間伐材(2010年02月02日掲載)

間伐とは森林の健全な成長を促し、十分な日当たりを確保するために木を伐採することで、その際にでる木材を間伐材という。間伐が十分に行わ...

「ぼちぼちと京都」京都と本とエコとわたし:京都の様々な分野で活躍する研究者や人が、『環境を考えるきっかけ』になった本をリレー形式で紹介

エンデの遺言〜根源からお金を問うこと
Vol.031

エンデの遺言〜根源からお金を問うこと(こころとおかねの研究所 / 加藤 コーゾーさん)

書名/
エンデの遺言〜根源からお金を問うこと
著者/
河邑厚徳、グループ現代

 2011年6月のこと、10年あまり勤めた職場を離れた。今後の身の振り方に「アテ」があったわけではない。ただ「同じことを続けていてはダメだ」...
「エンデの遺言〜根源からお金を問うこと」のつづきを読む

ぼちぼち広場 編集部からのあれこれ:『ぼちぼちと京都』編集部の企画や関連イベントの報告など

「ベランダで太陽光発電しよう!」のつづきを読む

ベランダで太陽光発電しよう!(2013年12月25日掲載)

エコラムでおなじみの有限会社ひのでやエコライフ研究所さんが、ベランダでの太陽光発電ワークショップ...

「ぼちぼちと京都」最近の京都府「あちこち」:京都府の地域情報

「ぼちぼちと京都」環境京都発信【京都府から】:京都府からの環境に関する情報

「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式・国際シンポジウム(2016年01月28日掲載)

世界で地球環境の保全に多大な貢献をされた方を京都議定書誕生の地・京都の名のもとに顕彰する「KYOTO地球環境の殿堂」の表彰式と国際シンポジウムを下記のとおり開催しますので、御案内します。
「「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式・国際シンポジウム」のつづきを読む

_HD_SKIP_PAGETOP