ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

日本はとてもきれいな国です。なんといっても、ごみがきれいです。

タイトル
ひのでや省エネだより
執筆者
ひのでやエコライフ研究所 
地域
京都市  
テーマ
暮らし ごみ 環境問題  
更新日
2014年03月11日

 

 カラスがごみ袋を突っついて散乱させてしまう対策のために、京都ではカラスが嫌うとされている黄色の指定ごみ袋が使われています。ふだんは落ち着いた町並みも、週2日の家庭ごみの日には、その道端に、ちょうど花のように彩りを添えるように並んでいるのが見られます。近づいてみると、電柱などの決められた場所ごとに、数個のごみ袋が、こじんまりと寄り添っています。後からごみを出す人は、前の人が出したごみ袋の隣に、きれいに並べて置くのがならわしで、10個くらいのごみ袋が一列に整列しているところもあります。また、45リットルの大きなごみ袋の隣に、小さなごみ袋が恥ずかしげに寄り添っているのは、ごみの親子のようにも見えます。  

 

 

 ごみがパッカー車で収集された後には、近所の方でしょうか、少し散らかってしまったごみをほうきで掃き集めているところに出会うこともあります。掃除をしている姿と、掃き集めるリズミカルな音は、心を洗われるようで、朝の清々しさに添える輝いた存在です。毎回、同じ時間に、同じ場所で、同じ人が掃除をしているのを見ることもあり、自然と頭が下がります。掃除することは大変なことでしょうが、それを毎週同じ場所で繰り返し、1年また1年が積み上がり、引き継がれ、そうして数百年も落ち着いた町が維持されてきたのかもしれません。  

 

 ごみは、その外見だけでなく、中身もきれいです。  

 

 ごみ袋の中には、まだ食べることができる食材がたくさん詰まっています。せっかくお金を出して買ったのでしょうが、調理すらせずに、袋や容器に入ったまま捨てられる「手付かずごみ」が、ごみ全体の5%以上も占めています。ごみ袋が20袋並んでいたら、1袋は買ってきた食材をそのまま捨てているようなものです。ごみ袋の中身が「きれい」なことは、人間よりもむしろ、カラスのほうがよく知っています。それを有効利用してくれているわけですから、倫理的にみてもカラスのほうが正しいことになります。  

 

 お店のごみもきれいです。大学生のころ、よく夜の町にでかけ、道端に出されているごみ袋の中から、パンや弁当を頂いておりました。ごみ袋に入っているとはいえ、直前まで陳列棚に並んでいたものですし、ちゃんとパッケージもされています。その日のお店の売上によって収穫の増減は激しいのですが、収穫が多い場合にはそれを喜び、少ない日は、無駄に廃棄されたごみが少ないことに喜びました。ただ、質の高いパンを提供してくれるお店は、ホームレスの方とかち合うことも多く、遠慮せざるを得ない場面も多々ありました。ある時、先に来ていたよく出会うホームレスの方から、「おにいちゃん、これあげるわ。おにいちゃんも大変だねえ。」と、煮込みうどんの具材セットを譲ってもらったことがありました。なかなか世の中も捨てたものじゃありません。  

 

 粗大ごみは、光り輝く宝の山です。引っ越しなど、やむを得ず捨てるものも多いのでしょうが、机やタンス、家電製品など使えるものが大量に並んでいるのを見ると、そのままテントを張ったら住めるのではないかと思えるくらいです。新たに下宿をしたり、新居を構えたりする場合には、新しい家財道具は買わなくても大丈夫です。粗大ごみの日のたびに、見つくろっていけば、いつのまにか揃ってくるものです。

 

 15年ほど前に会社を始めたときには、古家の板と、前の人が残した衣装ケースで机を作り、購入をしませんでした。本棚などは毎年着実に手に入ります。その後も、知り合いの古い家具などを譲ってもらい、現在の事務所も8割以上は中古品でできています。パソコンやプリンタはさすがに道端に捨てられていませんが、中古市場が充実していますので、丈夫できれいなものは簡単に手に入ります。

 

 家電のごみは見とれるほど、きれいです。電気屋さんの店頭には下取りされた家電製品が置かれています。ふだんは家電の中身を見ることはないでしょうが、ごみだからこそ、思い切って中を開いてみてください。少し古めの家電製品は、電子基板を取り出してみて眺めると、よくここまで複雑な設計ができたものだと、その美しさに感動します。古いパソコンなどは、大きな基板にICが整然と並び、まさにここで計算をしているという圧倒的な魅力がありました。精緻な設計に、いまにも動き出しそうです。  

 

 時計の歯車はすべて形が整って光っているのに、半導体の寿命は半永久的だとされているのに、場合によってはまだ本当に動くのに、なぜごみとして捨てられているのでしょうか。

 

 日本のごみは、きれいです。惜しむらくは、少しきれいすぎます。

ひのでや省エネだより一覧に戻るエコラムトップに戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る