ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

ぼちぼちと京都について

ぼちぼちと京都について

本ウェブサイトについて

本ウェブサイトは、京都府が広く府民にライフスタイルの変革を啓発する目的で行なう平成21年度「『京都の知恵と文化を生かした暮らし方サポートサイト(仮称)』:開設業務」の一環として開設されたものです。

本ウェブサイトの運営、編集については、開設業務の受託者である木野環境・時代工房共同事業体(代表者 特定非営利活動法人木野環境(京都市下京区葛籠屋町515-1))が自主的に行っています。したがって本ウェブサイトの内容は、各記事執筆者の意見となりますので、京都府の見解や意見が含まれているものではありません。

2009年11月
ぼちぼちと京都 編集部

ウェブサイト設立趣意書

本ウェブサイトは、京都の文化を生かした環境配慮型の新しい暮らし方を模索し、その新しい暮らし方を紹介、提案するためのものです。その目的は、これまでの大量消費型のライフスタイルから、自然を大切にしながら“ぼちぼちと”ゆっくりと、人々のつながりのなかで支え合いながら日々を営むライフスタイルへの転換を促すことにあります。では、その転換はいかにして図られるのでしょうか。環境配慮型のライフスタイルのハウツーを並べ立てる? それとも高名な人の思想を書き連ねる?もちろんこれらのことはとても大事ですし必要なものです。でも、このウェブサイトでは、そこに軸足を置くものではないと考えます。

このウェブサイトは、このウェブサイトを見る多くの人々がそうであるように、フツーの人々がフツーに暮らす中でどのように考え方が変化し、どのように今に至り生活をしているのか。市井の人々の考えや実践していることを紹介していくことで、このウェブサイトを訪れる方々の共感を得て生活に影響を与えていく。そんなウェブサイトにすることを目指しています。したがって、このウェブサイトのコンテンツの多くはフツーの人々やフツーの領域から少し“はみ出し”つつある人々の“生活の知恵”や“日々の想い”を紹介したものにする予定です。もちろん有名人や有名人らしき人が出てこないわけではありませんが。

京都府は南北に長く、森、川、里、海と多様な自然に恵まれ、自然を大切にしながら暮らす昔ながらの知恵と文化が蓄積されています。さらに地域の自然と文化をベースにした生活や産業に新しい考えがとけ込み、新しい文化を創造し続ける多様な可能性を秘めた地域です。その多様な地域と人々の知恵と文化を、ごった煮の状況で表現できるよう努めていきたいと想います。記事を書いてくださる方々や読んでくださる方々、よろしくお願い致します。

2009年11月
京都府
ぼちぼちと京都 編集部

トップページに戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る