ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

晩

白熱電球を電球型蛍光灯&LED電球に取り替える

すでにかなり普及している電球型蛍光灯ですが、みなさんは使ったことありますか? 
白熱電球の独特の明かりはとても心地よいものですが、電力消費が多く寿命が短いという短所があります。そのため、地球温暖化防止・環境保護の観点から、消費電力が少なく寿命の長い電球型蛍光灯への切替をうながす動きがあります。日本では、2008年に当時の甘利経済産業大臣が各電機メーカーにたいして、2012年までに白熱電球の生産と販売を自主的にやめるように要請しています。

一部使用できない場合もありますが、明かりの色(昼光色や電球色など)も選択することができますし、たいていは白熱電球を使っていたのと同じ照明器具で使用することがでるとのこと。

そこで早速ためしてみました。この写真では暗めに写っていますが、明るさは白熱電球と比べてもそれほど違和感はないように思います。明るくなるまでの時間も気になりませんでした。今回は渦巻き型のものを選びましたが、電球に似たかたちのものや蛍光管を折り曲げたようなかたちのものなど、いくつかのタイプが売られていました。

電球型蛍光灯の価格は白熱電球と比べてかなり高いのですが、消費電力や寿命を考えると結果的には電球型蛍光灯の方が安くすむようです。家庭での使用の場合、特に長時間つけっぱなしにする場所の白熱電球を電球型蛍光灯に切り替えることで、コスト、エネルギー使用量、CO2排出量ともに大幅に削減できると言われています。どのくらい削減できるのか等の詳しいデータは、下にご紹介する参考サイトに詳しく書かれていますので、ぜひご覧ください。

また、最近では電球型蛍光灯よりさらにコスト、エネルギー使用量、CO2排出量の面で優れているLED電球も発売されています。こちらはさらに価格が高いので、いざ買おうとすると少々とまどってしまいます。でも、長期的な視点で考えれば、環境面でも、コスト面でも試してみる価値は充分あると思います。 

いまある白熱電球を無理に切り替えるのではなく、次に新しいものを買うときにぜひ挑戦してみてください。

●参考サイト

●ひのでやエコライフ研究所「E54 電球を電球型蛍光灯に置き換える」
http://www.hinodeya-ecolife.com/ecowiki/73.html

●日経トレンディネット「LED電球は圧倒的にお得! だが購入前の準備を怠るな!」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090806/1028112/?P=1

●EICネット「フランス 白熱球の販売自粛がスタート」
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=21165

●東芝ライテック株式会社「CO2削減への取り組みについて~2010年を目途に一般白熱電球の製造を中止~」
http://www.tlt.co.jp/tlt/topix/press/p080414/p080414.htm


ページの終端です。ページの先頭に戻る