ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

ぼちぼちな暮らし方

最近の「ぼちぼちな暮らし方」

『ぼちぼちな暮らし方』 一覧

つる採り、つる細工

春 冬

自然素材のものが、家の中にあると、それだけで気持ちがゆったりしませんか?
私はよく、草むらなどに生えている「つる」を使って、オブジェを作り、家の中に飾っています。
「つる」を採りにいくことで、いろいろな植物や昆虫にも出会え、季節を感じられるので、おすすめです。

「つる」採りは、空き地にある草むらなどでOK。公園の植木などにもからまっていることもあります。
採る季節は、意外かもしれませんが、冬から春先です。
秋のつるは、まだまだ茎に水分を多く含んでいるので、つる細工のために曲げるとパキっと折れてしまいます。なので、水分が抜けた12月末ごろから4月中旬ごろまでがベストシーズンです。

草むらに行ってみると、いろんなつるが自生しているのがわかります。
一番よく生えているのが「くず」のつるですね。これは繁殖力が強く、だいたいの草むらには生えています。
太くてごつごつしているつるです。他にも、ヤマノイモのつるや、ヤマブドウのつるなど、本当にたくさんのつるがあるので、それを発見するのも楽しいですよ。
作るものも、最初はリースから、慣れてきたらかご編みなどにもぜひ挑戦してみてください!

下はヤマブドウのつるのリースです。リースはきちんと編み方もありますが、私はただ、ぐるぐると巻いて最後はからませているだけ。これでも立派なオブジェになりますよ。



こちらは、公園の植木にからまっていたつるで、ヤマノイモ系の細いものです


ページの終端です。ページの先頭に戻る