ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

ぼちぼちな暮らし方

最近の「ぼちぼちな暮らし方」

『ぼちぼちな暮らし方』 一覧

重曹と酢を使って掃除

春 夏 秋 冬

環境や人体への害ができるだけ少ないものを使って掃除をする「ナチュラルクリーニング」という言葉をよく聞くようになりました。今回は、ナチュラルクリーニングの中でも代表的な重曹と酢を使った掃除に挑戦してみようと思います。

重曹には、油を乳化したりたんぱく質を分解したりすること、細かい粒子で水に溶けにくいことなどの特徴があります。この特徴を生かして、ガスレンジの油汚れを磨いたり、コップの茶しぶなどをとるのに使ったり、お鍋のコゲを落としたりするクレンザー代わりに使うことができます。重曹は人体に無害なのでキッチン周りでも安心して使えるのがよい点です。

実際に使ってみると、確かに茶しぶなどはすっきりと落とすことができました。ガスレンジの油汚れも簡単に落とすことができますが、掃除が終わったあと、表面にうっすら重曹が残ってざらざらしている感じがしました。このあたりは掃除のしかた、重曹の使いかたにもう少し工夫が必要のようです。また、ひどい油汚れにはあまり効果がない、アルミ製のものに使うと黒ずんでしまうなど注意点もあるようです。

次に酢を使ってみます。酢は酸の力で水垢などの汚れを落とす、殺菌作用があるなどの特徴を持っています。白くなった水垢汚れやトイレの尿石などの掃除に力を発揮するとのこと。さっそくシンクの中に白くついてしまった水垢汚れに使ってみました。

酢を布に染み込ませてふきとってみると、少しづつ白い筋が消えていきます。しばらくやってみましたが、まだふき取れないものもあるので、その部分には酢を染み込ませた布を貼ってパックのようにしました。20~30分経って布をはがし、軽くこすってみると、すっきりと白い筋が消えました。

掃除に使う道具は便利で魅力的なものがたくさん売られていますが、今回は使い古した歯ブラシや穴のあいた靴下など家にあるもの、本来の役目は充分果たしたけど捨てるにはもったいないというものを活用しました。こうすることで、資源もお金も少し節約することができました。

重曹も酢も万能というわけではなく、それぞれの得意分野、不得意分野があるようです。また人体や環境に害がないといっても、使用する素材によっては傷めてしまったり変質させてしまうということもあるようなので、それぞれの特徴をよく知って活用していきたいと思います。みなさんもぜひ一度試してみてください。

参考サイト

●石鹸百科 石鹸生活のアイテム事典「重曹」
http://www.live-science.com/honkan/partner/bicarbonate.html

●石鹸百科 石鹸生活のアイテム事典「酢酸・お酢」
http://www.live-science.com/honkan/partner/acetic_acid.html


ページの終端です。ページの先頭に戻る