ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

ぼちぼちな暮らし方

最近の「ぼちぼちな暮らし方」

『ぼちぼちな暮らし方』 一覧

食器洗いの工夫いろいろ

春 夏 秋 冬

表面の3分の2が水で覆われている地球は水の惑星と言われています。しかし、人が直接使用できる水は、そのなかのたった0.0001%しかないそうです。

日本で水の大切さ、貴重さを実感することはあまりありませんが、蛇口をひねるだけで飲める水が出てくること、ほとんどの人が毎日きれいな水でお風呂に入ったりシャワーを浴びたりできること、これはじつはほんとうにすごいことです。

今回は食器洗いのときに実践できるさまざまな工夫を試してみたいと思います。

●洗う前になるべく汚れを落とす

穴があいたり擦り切れたりして着なくなった衣類や新聞紙やちらしなどを使いやすい大きさに切っておきます。それを使って、食器を洗う前に主な汚れを落とすと洗う水の量や使用する洗剤の量を減らすことができます。布でなくとも、使い終わったプリペードカードや料理に使うヘラなどを使って汚れを落とす方法もあります。これなら何度でも使うことができます。

●たらいを使って節水

たらいを利用することで、ため洗いや水の繰り返し利用ができ、水の使用量を少なくすることができます。

●汚れの軽いものから洗う

比較的汚れの軽いもの(油汚れなどがないもの)から優先的に洗う。その水をたらいなどにためておいて、油汚れなどがついたものを洗い、最後に清水ですすぐ。

●洗剤の量を減らす

以前紹介したアクリルたわしを使うとほとんど石鹸や洗剤なしに洗うことができます。洗剤を使う量を減らすとすすぎに使う水の量が少なくてすみ、汚れた水を流す量も減らすことができます。

●お湯の使用量を減らす-ゴム手袋の活用

寒い冬は水が冷たくて、お湯を使いたくなります。お湯を使うと油汚れが落ちやすく、石けんの洗浄力も上がります。ただ、お湯を沸かすにはエネルギーが必要で、特に電気給湯器の場合は一度熱を電気に変換したものを再度熱にすることになるので、かなりのエネルギーロスになります。
まず水の冷たさをやわらげる方法として、ゴム手袋の使用があります。手荒れ防止のために使っている方もいると思いますが、直接水に触れないので冷たさ対策にもなります。次にお湯の使いすぎ防止のために、お湯は最初にたらいに溜めるだけにとどめ、すすぎなどには水道からの水を使うという方法があります。すすぎのとき手が冷たい場合はゴム手袋を使えば冷たさがやわらぎます。

●オーストラリア式(?)食器洗い法

最後に、以前私が滞在していたオーストラリアの家庭でおこなわれていた食器洗いの方法を紹介します。誰でも今日から始められる方法ではないかもしれませんが、水不足が深刻な地域ではこのくらい水の使い方に気を使っているという例として紹介します。(タイトルは「オーストラリア式」としていますが、インターネット内を検索するとオーストラリア以外の国でもおこなわれているようです。)

  1. 小さいシンクやたらいに熱湯を溜めます。(熱湯を注いでいる途中で石鹸や洗剤を入れると、熱湯が注がれる勢いで洗剤が泡立ちます。)水の量はそのときの洗いものの量によりますが、容量の半分くらいが多かったと思いました。
  2. ゴム手袋をはめ、熱湯のなかで食器を洗い、取り出して乾かしておきます。

これで終わりです。基本的にすすぎません。ほとんどの日本人はこの光景をみると、びっくりすると思います。まだ泡がついたままだよ・・・と。家庭によっては、別に水を溜めておいてその水にさっと食器をくぐらせてすすぐところもありますが、基本的に流水で食器を洗うことはほとんどないと思います。
この方法を実践するのは難しそうに思えますが、洗う前にできるだけ汚れをとっておく、アクリルたわしを使用して石鹸や洗剤の使用量をなるべく減らすもしくは使用しないというような、上に挙げた取り組みをあわせて使えば実践は可能です。これを実践することができれば、水の使用量や汚れた水の排水をかなり減らすことができます。

いっぺんに変えようとすると負担になって続けることができなくなってしまいます。できるだけ長くつづけられるよう、この中の1つだけ、もしくはできるところだけでも試してみてください。そしてできそうだなと思ったら少しずつ新しい工夫も試してみてください。水道料金だけでなく、水についての考え方、生活の仕方についての考え方もきっと少しずつ変わってくると思います。

参考サイト

●ひのでやエコライフ研究所「E70 食器洗いで節水を心がける」
http://www.hinodeya-ecolife.com/ecowiki/85.html

●水のある生活「上手な食器の洗い方で節水効果もアップ!」
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/115190649.html

●赤星流 エゴロジストな暮らし「食器洗浄機は節水になるか」
http://otona.yomiuri.co.jp/life/ecolife/eco090402.htm

●nanapi「食器洗いのときの節水のコツ」
http://nanapi.jp/17976/


ページの終端です。ページの先頭に戻る