ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

ぼちぼちな暮らし方

最近の「ぼちぼちな暮らし方」

『ぼちぼちな暮らし方』 一覧

生ごみの水切り

春 夏 秋 冬

なぜ生ごみの水切りが重要なのでしょうか。
生ごみの約80%は水分だと言われています。水切りするだけで、生ごみの重量の約10%も減らすことができるのだそうです。重量が減ることで収集車の運搬効率を向上させることができます。また、ごみに含まれる水分を減らせば焼却施設での燃焼効率を高めることができるからです。どちらも燃料を節約するので省エネになり、CO2の削減にもつながります。
重量の削減とは別に、臭い対策としても水切りは有効です。生ごみのあの臭いは、濡れているために腐敗が進んでいくことが原因なのです。

garbage
水切りの方法はさまざまあります。ネットに入れておいて最後にしぼる、ざるに入れておく、新聞の上などにしばらく置いて乾かす、天日に干すなどなど。インターネットで検索すると、いろいろなアイディアが紹介されています。
簡単なことですが、多くの人が取り組むことによって大きな効果が得られます。ぜひ試してみてください。


ページの終端です。ページの先頭に戻る