ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

京都環境文化学術フォーラム「国際シンポジウム」の開催について~自然と文化を基軸とした新しい発展を目指して~

English version

平成21年11月19日
京都環境文化学術フォーラム

  地球温暖化をはじめとする環境問題が深刻化する中、地球という限りあるシステムの中で世界各国がどのように持続可能な社会づくりを進めていくのか。環境、経済、文化などの分野で活躍中の学識経験者を国内外からお招きして、生活の質を高めながら自然とともに生きる価値観や富の公平な再配分を可能にする制度のあり方などについて、皆さんとご一緒に考えるフォーラムを開催しますのでお知らせします。

開催趣旨

  現在、地球温暖化の進行や生物多様性の破壊など、地球規模での環境問題が深刻化しており、世界レベルでの早急な対応が求められている。気候変動や自然資源の大量消費、それらによる森林や海洋における生態系の破壊は、人間を含めたあらゆる生物の生存基盤を損なうことにつながる。
地球という限りあるシステムの中で、世界各国の人々が限られた自然資源を分け合いながら、環境と社会、経済のバランスのとれた持続可能な社会づくりを進めることが人類共通の課題として求められている。

  しかしながら、その対策は一様ではない。経済的発展を達成し、今も温室効果ガスを大量に排出している先進諸国と、人口爆発と急激な経済発展に伴う環境問題が顕在化している経済新興国、地球温暖化による環境や社会生活への影響が著しい太平洋諸国や極地などとを比較しても明らかなように、環境と経済のあり方、食料や福祉向上をめぐる問題とその課題解決の方法は国や地域ごとに異なっている。

  京都は、世界各国が初めて環境問題を共有し、温室効果ガスを削減することを約束した「京都議定書」誕生の地である。そればかりでなく、いにしえより京都には「人間は自然の一部であり、自然の中で生かされている」という「人と自然の共生の思想」がある。このような人間の生きざまにかかわる考え方は、軒を連ねた京町家や森、川、海と生活が深い関わりを持つ里地のコミュニティの中で育まれ、人々の共通の観念として蓄積され、今も暮らしの中に文化としていきいきと引き継がれている。

  しかしながら、生活の利便性や経済的な豊かさを追い求める中で、こうした考え方や暮らしの中の知恵や文化が失われつつあることも事実である。我々は今一度、人と自然の共生の思想を新たな視点で見つめ直し、暮らしや社会、経済のしくみの中に、新しい理念と制度を構築していくことを始めなければならない。

  このフォーラムでは、人と自然の共生の思想が息づく京都において、京都に集積する学術研究機関と京都府などの地方自治体が協働して、世界各国から第一線の学識経験者や環境にかかわる活動家をお招きし、自然と文化を基軸とした新しい社会のあり方を様々な視点から議論する。

  そして、それぞれ異なる発展段階にある国や地域において、生活の質的な豊かさをいかにして達成することができるのか。未来可能性のある社会づくりをいかにして実現するのか。こうした問題意識を背景に、人間の生き方や富の公平な再配分を可能にする理念と制度設計について議論し、その方策を具体的に明らかにしたい。

  フォーラムの活動を通じて、世界に向けて人と自然の共生の思想とそのための制度のあり方を発信し、世界各国の人々と地球上の生物が共に生きることのできる持続可能な社会づくりを目指したい。

京都環境文化学術フォーラム

『KYOTO地球環境の殿堂』同時開催

1 日 時   平成22年2月14日(日)午後1時~4時30分

2 会 場   国立京都国際会館 メインホール(京都市左京区宝ヶ池)

3 定員等   定員500名 参加無料(12月下旬より受付け開始予定)

※日英同時通訳あり 

4 プログラム

10:00~11:45




 

「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式

挨 拶:京都府知事・京都市長
表彰式:運営協議会会長(総合地球環境学研究所所長)
祝 辞:環境大臣、会議所会頭
受賞者記念スピーチ

13:00~

「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム
テーマ『自然と文化を基軸とした発展を目指して』

あいさつ
京都大学総長  松本 紘(まつもと ひろし)
京都府知事    山田 啓二(やまだ けいじ)
京都市長     門川 大作(かどかわ だいさく)

13:25~  ☆基調講演1 パーサ・ダスグプタ ケンブリッジ大学経済学教授(40分)
14:05~ ☆基調講演2 蓼 暁義(シェリ リャオ) NGO北京地球村代表(40分)
 (休            憩)
15:00~

☆パネルディスカッション(90分)

  • 秋道 智彌(あきみち ともや) 総合地球環境学研究所副所長
  • 末吉 竹二郎(すえよし たけじろう) 国連環境計画・金融イニシアチブ特別顧問
  • パーサ・ダスグプタ
  • 蓼 暁義
  • コーディネーター:植田 和弘(うえた かずひろ) 京都大学大学院経済学研究科教授
16:30~ 閉会あいさつ 京都府立大学学長 竹葉 剛(たけば ごう)

5 主催団体等

主 催:京都環境文化学術フォーラム
(京都府・京都大学・人間文化研究機構総合地球環境学研究所・京都府立大学)
共 催:日本経済新聞社・NHK京都放送局・(社)京都モデルフォレスト協会
後 援(予定含む):外務省・文部科学省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省・京都市・京都商工会議所・大学コンソーシアム京都

6 問い合わせ先

京都環境文化学術フォーラム事務局
TEL 075-414-4708  FAX:075-414-4705
E-mail:tikyu@pref.kyoto.lg.jp
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
京都府文化環境部地球温暖化対策課内

 

 

------------------------------

The Earth Forum Kyoto

日本語で読む

Statement of Purpose

        Humankind now confronts a deepening environmental crisis, one that requires a global response. Accelerated climate warming, damage to forest and ocean ecosystems, loss of wildlife diversity, and mass consumption of natural resources threaten the foundation of humanity’s very survival, and that of all life on earth.
        Earth is a planet of limited resources, and humankind must collaborate to strike a balance between society, economy and nature, to share the earth’s resources among the people of all nations, and to build sustainable societies.
       There is no single approach to this balance. Each country and region possesses a unique economic and environmental landscape, and each has faced the challenges of providing food and welfare for its people in its own way. From the developed countries that have achieved economic success but have also produced vast clouds of greenhouse gasses, to the emerging economies that now confront the environmental consequences of explosive population growth and development, to the island and polar societies and environments already affected by global warming, it is clear that environmental challenges and solutions vary profoundly from country to country.
        Kyoto is the birthplace of the Kyoto Protocol, in which countries from all over the world first pledged to reduce greenhouse gas emissions, and so to tackle the earth’s environmental problem as one. This is not Kyoto’s only legacy, however. For centuries and millennia, Kyoto’s great temples, shrines and gardens have stood as testament of their creators’ understanding that “man is part of nature, and his life comes from nature.” Likewise, Kyoto’s townhouses were built to accommodate nature, not exile it, and Kyoto’s city life, as that of the surrounding countryside, has always depended on intimate knowledge of the seasons, forests, rivers, and seas. Kyoto’s people take particular pride in their association with the Kyoto Protocol, in the ideal of living in harmony with nature, and in passing this heritage on to future generations.
        Nevertheless, as in much of the world, we in Kyoto are in danger of losing our culture and practical wisdom in the quest for convenience and affluence. Humankind must take a hard look at itself, its values, goals and relationship with the natural world, and construct new systems and new philosophies for society, economy, and for everyday life.
        The Earth Forum Kyoto is the result of cooperation between the prefectural government and many universities and research organizations that call Kyoto home. World-renowned academic experts and activists alike have been invited to discuss the environmental and cultural basis of new, more responsible human societies.
        We want to discuss big questions at this forum. How can different countries and regions in different stages of development achieve higher qualities of life? How can sustainable future societies be built? Can we formulate systems and principles that reallocate wealth fairly? We seek concrete proposals in regards to these questions.
        Kyoto provides an ideal environment in which to discuss the coexistence of humanity and nature. Yet all cultures contain visions of harmonious life; The Earth Forum Kyoto invites us to share these visions and describe a way to realize our common ideals so that people of every nation may live in a sustainable world alongside all other living things.

The Earth Forum Kyoto

1. Date

February 13(Sat)-14(Sun), 2009

2. Venue

Kyoto International Conference Center(KICC), Main Hall & Room B1

3. Guests

500 people – participation is free
(application instructions will be published in late December)

4. Program

10:00~11:45




 

The Earth Hall of Fame Kyoto Award Ceremony

Addresses:
Keiji Yamada, Governor, Kyoto Prefecture
Daisaku Kadokawa, Mayor, Kyoto City
The Award Ceremony:
Chairman of the Management Council (Director General of the Research Institute for Humanity and Nature)
Congratulatory Speeches:
Minister of the Environment
Chairman of Kyoto Chamber of Commerce and Industry
Acceptance Speeches:
the award recipients

13:00~

International Symposium
Nature and Culture as pillar of future development (tentative)

Organizers'addresses:
Hiroshi Matsumoto, President, Kyoto University
Keiji Yamada, Governor, Kyoto Prefecture
Daisaku Kadokawa, Mayor, Kyoto City

13:25~  Keynote speech 1 Sir Partha Dasgupta, Frank Ramsey Professor of Economics, University of Cambridge (40 min)
14:05~ Keynote speech 2  Xiaoyi Liao, President of NGO Global Village of Beijing (40 min)
Coffee break
15:00~

Panel Discussion (90 min)

Tomoya Akimichi, Vice Director General, Research Institute for Humanity and Nature
Takejiro Sueyoshi, Special Advisor to the United Nations Environment Programme Financial Initiative
Sir Partha Dasgupta
Xiaoyi Liao
Kazuhiro Ueta, the Graduate School of Economics, Kyoto University

16:30~ Closing Address: Go Takeba, President of Kyoto Prefectural University

5. Organizers

The Earth Forum Kyoto

  • Organized by
    Kyoto University
    Research Institute for Humanity and Nature(RIHN)
    Kyoto Prefectural University
    Kyoto Prefecture
  • Co-hosted by
    Nikkei Newspapers; NHK Kyoto; Kyoto Model forest Association
  • Supported by
    Ministry of Foreign Affairs; Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology; Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries; Ministry of Economy, Trade and Industry; Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism; Ministry of the Environment; Kyoto City; Kyoto Chamber of Commerce and Industry; the Consortium of Universities in Kyoto

The Earth Hall of Fame Kyoto Management Council

Kyoto Prefecture
Kyoto City
Kyoto Chamber of Commerce and Industry
Ministry of the Environment
National Institutes for Humanities, Research Institute for Humanity and Nature(RIHN)
International Institute for Advanced Studies
Kyoto International Conference Center


ページの終端です。ページの先頭に戻る