ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

身土不二

「しんどふじ」とよみ、もともとは仏教用語である。人と土は一体であり、人の命と健康は食べ物で支えられ、 食べ物は土が育てる。よって、人の命と健康はその土と共にあるという考え方。つまり、人間の身体は住んでいる風土や環境と密接に関係していて、その土地の自然に適応した旬の作物を育て、食べることで健康に生きられるということである。

しろう・わかろう・環境キーワードトップに戻る
おすすめの話題
おすすめのイベント

ページの終端です。ページの先頭に戻る