ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

地球温暖化

18世紀に始まった産業革命以降の化石燃料(石炭、石油など)の使用量の増大に伴い、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、フロンなどの温室効果ガスの大気中の濃度が増加を続ける事によって、地球の周りにある温室効果ガスの層が厚くなる。これによって地球の平均気温が上昇し、これが地球温暖化とよばれている現象である。
地球の平均気温が20世紀の100年間に0.4~0.8℃上昇した。
とりわけ、1997年以降の気温の上昇が顕著で、このまま対策がなさなければ、2100年には、1.4~5.8℃上昇すると予測されている。
 

地球温暖化に詳しいWebページ

http://www.ondankaboushi.jp/boushi/
地球温暖化防止ポータルサイトのページ。地球温暖化防止に向けたさまざまな活動について産業界、各種団体、関係省庁による総合情報発信サイト。

京都府内での取り組み

http://www.kcfca.or.jp/
京都府地球温暖化防止活動推進センターのページ。環境教育の支援などを行っている。

しろう・わかろう・環境キーワードトップに戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る