ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

生物多様性

生物多様性とは、生態系と生物群系または地球全体に、多様な生物が存在していることを指す。生物多様性の定義には様々なものがあるが、生物の多様性に関する条約では「すべての生物の間の変移性をいうものとし、種内の多様性、種間の多様性及び生態系の多様性を含む」と定義されている。
2010年10月に愛知県名古屋市で行われるCOP10では生物多様性の保全と持続可能な利用を推進し、自然との共生に向けた地域づくりの促進に取組む。
生物多様性を保全する観点から、自然性の高い森林をまもり、無理な開発を避け、人工林の管理水準を高めていくことは、水源地を汚染することなく安全な飲み水を提供することや、災害を未然に防ぐことにつながる。
 

生物多様性に詳しいWebページ

http://www.wwf.or.jp/biodiversity/
WWFのページ。生物多様性の保全のために必要な事などが載っている。

京都府内での取り組み

http://www.pref.kyoto.jp/reiki/reiki_honbun/aa30015581.html
京都府のページ。京都府では生物多様性保全推進事業補助金交付を行っている。

しろう・わかろう・環境キーワードトップに戻る
おすすめの話題
おすすめのイベント

ページの終端です。ページの先頭に戻る