ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

カーボンニュートラル

カーボンニュートラルとは、ライフサイクルの中で、二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロのことを言う。
例えば、植物の成長過程における光合成による二酸化炭素の吸収量と、植物の焼却による二酸化炭素の排出量が相殺され、実際に大気中の二酸化炭素の増減に影響を与えないことが考えられる。
このように、化石燃料の代わりにバイオマスエネルギー※の利用はカーボン・ニュートラルだと考えられ、二酸化炭素の発生と固定を平衡し、地球上の二酸化炭素を一定量に保つことができる。
また、二酸化炭素排出量を削減するための植林や自然エネルギーの導入などは、人間活動による二酸化炭素の排出量を相殺できることもカーボンニュートラルと呼ぶことがある。
※バイオマスエネルギー:生物体(バイオマス)から得られる自然界の循環型エネルギー

カーボンニュートラルに詳しいWebページ

http://www.shinrin-ringyou.com/carbon/carbon_n.php
森林・林業学習館のページ。カーボンニュートラルについて絵で分りやすく解説している。

しろう・わかろう・環境キーワードトップに戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る