ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

仮想水(バーチャルウォーター)

仮想水(バーチャルウォーター)とは、農産物や工業製品を生産するのに必要な水の量を、その製品の購入者が間接的に消費したとする考え方です。

たとえば、日本は多くの農産物を輸入していますが、輸出国では栽培のために水が消費されています。日本でこれらの農産物を栽培しようとうすると水が必要ですが、輸入することによって日本が節約できた水が仮想水です。

「仮想水」に詳しいWebページ

環境省のバーチャルウォーターサイト
仮想水計算機があり簡単に計算ができる。

東京大学生産技術研究所、沖・鼎研究所
日本での仮想水に関する研究を行なっている。

しろう・わかろう・環境キーワードトップに戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る