ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

田んぼ:撮れたて「きょうと」

2011年度一覧


12月の初めから降り始めた雪も2m以上積もり、辺り一面が白銀の世界。1本だけ立っている“1本桜”が春の訪れを待っています。(2011年12月29日)

11月の初めの陽気で紅葉が遅れていましたが、下旬を迎える頃には葉も色づき始めました。今年は足早に紅葉が過ぎたようです。 (2011年11月30日)

寒くなってきましたが、紅葉はまだまだ。晴れの日がだんだんと少なくなってきました。(2011年11月15日)

松尾の無農薬米棚田群は今稲刈りがぼちぼち終盤。朝晩の冷え込みが秋の訪れを物語ります。(2011年10月27日)

山を降りると黄金色の稲穂も、高冷な松尾ではまだ少し黄緑色。実ほど頭を垂れる稲穂かな。(2011年09月19日)

緑燃ゆる季節。鳥やセミが奏でる大合唱。ぐんぐんと成長する命そのものが、キラキラと輝くまばゆい季節の到来です。(2011年08月08日)

梅雨に入り天候も変わりやすい時期。このような晴れ間はめったに訪れませんが、雨の恵みに稲や緑がグングンと成長します。(2011年07月07日)

新緑の季節を迎え山々がにぎわいを見せています。田んぼでは田植えの準備が進み、空が水鏡に映ります。(2011年06月01日)

沢山積もった雪も消え、桜の咲く季節になり、タラの芽やゼンマイ、ワラビといった春の訪れを告げる山菜が顔を出しています。1本桜は、鳥害により花芽がなく、ほとんど咲いていないような状況です。(2011年04月29日)

松尾の棚田も少しずつ雪が溶け顔を出しはじめました。まだ春は遠いものの、温かい陽射しや鳥のさえずりが春の到来を期待させてくれます。(2011年03月31日)
撮れたてきょうと一覧に戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る