ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

草木:撮れたて「きょうと」

2013年度一覧


咲きはじめた沈丁花。金木犀ほどにおわないので、花を見つけてから近寄る。よい香り。(2014年03月01日)

冬の道端の風物詩、山茶花。(2014年02月04日)

黄色く染まった金柑の実。(2014年01月16日)

息は白く、南天の実は赤く。師走も押し迫ってきました。(2013年12月26日)

あちこちで甘いにおいを放つ金木犀が満開。(2013年10月29日)

秋なので、秋桜。(2013年10月04日)

知らない間ににょきにょき伸びて、ある日突然紅い花。彼岸の入りの、予定通りの彼岸花。(2013年09月20日)

夏の植物が秋の植物にとって代わられて、赤とんぼがぶんぶん飛び回っています。夏に咲き誇っていたワルナスビの実。もちろん食べられません。(2013年09月04日)

ワルナスビの隆盛。(2013年08月04日)

夏の日差しにさらされて、あちこちに鮮やかな紅色。サルスベリ。(2013年07月17日)

大きくてびっくりする天使のトランペット(2013年07月09日)

今年はいつもよりずいぶん早い梅雨入りだそう。梅雨と言えば紫陽花。6月に入って雨の気配を感じたのか、あちこちで色づいています。(2013年06月05日)

まもなく見頃のオオデマリ。白くなる前の淡い緑色の手鞠たちも、うすく霧の出た雨上がりには美しい。(2013年05月09日)

ひらき始めたシロツメクサの花。撮影のためにかがみ込んだら四葉のクローバーを見つけました。(2013年05月02日)

ぼんやりしていたら、あっと言う間に春!春! 見上げても見下ろしてもあちこちに色があふれています(2013年04月04日)

モクレンとコブシ、見分けられますか? 簡単な見分け方は、花のつけ根から若葉が一対のぞいているのがコブシ、そうでないのがモクレンなんだそうです。(2013年03月31日)
撮れたてきょうと一覧に戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る